読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アブノーマルな中年期障害

ロックと釣り、そして たわいもない日常を語る。

恋バナ

お題である 恋バナー! 中学二年生の頃 同じクラスにいた 新名さんって 女の子。 色白で 顔が小さくて 大人しい子だったなぁ。 なんだろね 一目惚れ。 当時の自分は お調子者で みんなの笑いを とるためだけに 学校に 行ってたようなものだった。笑 そんな 新名さんの 気を引くために … ま、ありがちな 目の前で コケてみたり、飲み物を こぼしてみたり いろいろ やったね 笑 なにせ クラスのお調子者。 そのたびに ティッシュくれたり、それが ハートの模様とか 入ってたり 可愛いいの 。 女子だよね。 ハンカチ貸してくれたときは もー 嬉しくてね。 ニオイ嗅いだね。笑 ど変態だね。 でも お調子者キャラが 邪魔して とうとう 二年生のときは 告白できなかったね。 そして 三年生になり、小学校から 通ってた 塾に 新しい 生徒が 二人入ってくるって聞いて な、なんと そこに 新名さんが ! 感動したなー。 そして 席が隣になって。 そこの塾 優秀な生徒が多くて おれは なんとか ついてってるレベルだった。 きっと 新名さんと 成績が 近かったような気がする。 この塾のおかげで いろいろ 話もできるようになって 勉強捗ったね〜。笑 ワザと 消しゴム忘れたりして 笑 でも 結構な お嬢様ってのが わかって 、スゴイお屋敷に住んでて。なんか 別世界の人だなぁーって 。 オレのよーな アホな男は 無理かもなって 勝手に思って その時点で 告白ってのは 諦めた。 最後に中学卒業するときに お食事会みたいのを やったんだっけかな。 今日で お別れなのかなぁって 胸が痛くなったのを 覚えてる。 こー 振り返ると なんとも 掴み所のない あの感じが もどかしくもあり 美しいね 笑